外壁塗装をする前にしておきたいこととは!?

外壁塗装をする前に状態をチェック!

住宅の外壁は10年から15年で劣化するため塗り直したほうが良いというのが一般的な考え方ですね。住宅の外壁塗装は価格にすると60万円から120万円ぐらいはかかりますので、外壁を見た感じでは特に問題なさそうだと感じることが多く、そのまま放っておく人も多いのです。ですが、意外と素人の目にはわからない部分が劣化しており、それを放置した結果建物の寿命が縮まってしまったということもよくあるわけです。まずは10年が経過したら外壁をチェックしましょう。

外壁のチェック方法を知っていますか?

外壁をチェックする方法を知っていますか?外壁をチェックするには2つの方法があることを知っておきましょう。一つが全面打診という方法です。これは職人が壁を専用の道具でたたいて、叩いた感触とその音で判断します。昔から行われている信頼できる方法ですが、どうしても人の手が届かない場所が出てきてしまいますね。そこで、ロープで職人をつるしたり、大きな建物などではゴンドラを使ってチェックしますので、どうしても時間とお金がかかってしまうことになるのです。

赤外線は費用を抑えたい人におすすめ!

もう一つの方法に赤外線を利用して外壁の状態をチェックする方法があります。この方法は全面打診の欠点であった人の手が届かないところでもゴンドラなどを使わずに検査できるというメリットがあります。つまり、建物から何十メートルも離れたところから外壁の温度を測り、どこが弱くなっているのか、どこにひび割れや「浮き」があるのかをチェックすることができるのです。もちろん費用も全面打診よりも安くなります。ただ、この検査方法は外気によって正確に数値が出ないという問題点もあります。

外壁塗装を千葉で手掛ける人気の業者では、丁寧な施工だけでなく充実したアフターサービスにも定評があり、安心して依頼できます。