賃貸を借りるならここに気をつけたい!「風通し」のいい部屋を選ぼう

快適な生活には「風通し」はとても重要な要素

賃貸の部屋を借りる上で注意したいポイントにはさまざまなものがありますが、意外と見落とされがちなのが、部屋の「風通しのよさ」ではないでしょうか。最近では気密性の高いマンションやアパートの部屋が増えてきた結果、気密性が高い分空気の通りが悪くなり、風通しの悪い部屋も増えてきているようです。風通しの悪い部屋は湿気がこもりやすいのでカビや雑菌が繁殖しやすく、不衛生になりがちです。特に夏場などは気温が上昇するのでエアコンに頼らざるを得なくなり、電気代もかさんでしまいます。

部屋の風通しにはまず窓の間取りをチェック!

賃貸のアパートやマンションなどの部屋、特にワンルームマンションなどの場合は部屋の片面にしか窓が付いていないと言う間取りが多くあります。こういった部屋の場合、窓から入った風の抜け道がないので風通しが悪くなりがちです。台所や浴室の換気扇を回すことで部屋に空気の流れを作って風の通りをよくすることもできますが、できれば自然に風が部屋を通り抜けるような間取りに窓が配置された部屋を選ぶほうがよいでしょう。窓の対面に窓がある配置が理想的ですが、壁の2面以上に窓があれば風通しがあると考えられます。角部屋には壁の2面以上に窓があることが多いので、角部屋の方がより風通しは良いといえるでしょう。

部屋の内見で風通しを確かめよう

角部屋で壁の2面以上に窓がある間取りの場合でも、たとえば建物の両隣に近接して隣のビルや建物がある場合などには、風通しが悪くなることがあります。また窓が嵌め殺しになっていて開けられなかったり、窓を開けると部屋の中が外から丸見えになってしまうので開けられないといった場合も少なくありません。周囲に建物がなく風通しがある部屋であっても、田んぼを埋め立てた土地などでもともと湿気が多い土地の場合は部屋が湿気だらけになる、といった場合もあるようです。間取りだけでは判断できない場合も多いので、部屋の内見の際にチェックされてみてはいかがでしょうか。

帯広の賃貸マンションは、一戸建てのようにローンの審査が無いので、誰でも気軽に暮らすことができる賃貸マンションです。