素材や配置で快適に!新築の窓を考えてみよう

魅力を高めてくれる窓!

窓は新築の魅力を何倍にも高めてくれますよね。窓の外の景色は部屋に広がりを加え、窓から入ってくる光や風は快適さを運んでくれますよね。もし、窓の位置や形が違えば、同じ新築の部屋でも全く違う印象になるでしょう。住宅で最も一般的に使われるのが引き違い窓で、トイレや浴室には通風を主な目的としたジャロジー窓がよく使われますね。ほかにも多様な種類があり、目的に合わせて選ぶことで、さらに快適な窓辺をつくることができますよ。

窓で新築をより快適に!

例えば換気が必要ない部屋なら思い切って開閉のできないフィックス窓にしてみると、サッシの桟なども少なく、スッキリした眺めを楽しむことができますよ。開き窓や滑り出し窓などを使うと、風を取り込みやすくなりますね。住宅ではアルミサッシが最もメジャーですが、ここぞという部分には木製サッシを検討してもいいでしょう。アルミに比べて断熱性が高く、結露も少なく快適ですよ。何より金属とは違う手触りが、温かみのある窓辺を演出してくれるんですよね。

工夫が尽きない新築の窓!

光の中では冬場のひだまりが最高ですよね。直射日光が入らなくても、壁や家具で光を受ける面をつくるといいでしょう。部屋に優しく回り込む反射光は、絵画のように静かで美しいものですよ。家具の位置にも注意しましょう。配置を検討しないまま窓ばかり大きしてしまうと、家具の置き場に困ったり、光でテレビが見えにくくなったりするかもしれませんよ。部屋同士をつなぐ窓をつくってみるのも面白いですね。個室から居間にいる家族の様子を眺めることができるのも、ちょっと新鮮ですよ。限られた室内空間を外とつなぎ、新たな風景を生み出す窓、新築の工夫は尽きないですね。

草加市で新築一戸建てに暮らすと最新式の設備を使うことができますし、部屋も誰も使ったことのない状態なので、快適な空間の中で暮らせます。