マンション建築で心得ておきたい!各種制限の存在と対策

建物の建築制限を事前確認!土地計画法での制限の有無

土地を活用するための方法として、マンションによる不動産投資を行う手段があります。賃貸物件から安定した賃料収入が得られたならば、生活に余裕が出てきます。しかし、マンションを建てるにあたり、建築制限の有無を下調べしておかなければならないでしょう。一つは、都市計画法による制限が加えられている可能性があります。土地が位置するエリアによっては、賃貸マンションなどを建てることができない場合があり、事前確認を必要とします。

建ぺい率が関わるマンション建築の制限!

建物を建てるためには、土地を必要とします。ただし、建築のために土地の全面積が使えるわけではありません。建ぺい率に関する制限があり、土地にはある程度の余裕がなければなりません。建ぺい率の制限によっては、目標としている広さのマンションを建てられない事態もありうるため、認識しておく必要があるでしょう。広い面積のマンションを建てるならば、広い土地を確保するかあるいは建ぺい率制限が緩やかな地域を選ぶのが得策です。

マンションの土地選びでは接する道路と広さも重要!

マンション建築のための土地を探す場合、道路との関係を意識する必要があります。土地に建物を建てる場合、土地が道路に面しているかが重要です。防災などの観点から、土地が道路に接していなければならない制限が加えられています。また土地に接している道路の広さも、一定以上でなければなりません。マンション住人の利便性も考慮に入れたならば、できるだけ広い道路に面した土地を確保する事で、マンション建築による入居率上昇の効果が得られます。

つくばのマンションに住めば自分の家となるので、必要に応じて様々なリフォームを好きに行うことができます。